Ongo Veng+25

1戦目

構成はナ獣赤忍召青で、各ジョブの役割などが以下になります。
必要魔命は1365。

ナイト
ターゲットの維持とメインの回復役を担当。要:詠唱中断(ケアル)装備。

獣使い
汁ペットは太っちょファルガンで、チャージが貯まり次第TP吸収キッスを使用。
青魔道士のブルーチェーン回復に合わせて吸着で連携の〆を行い、重力を作成。
K.インスティンクトに5振りとAKヘルム+3、NKゴーザプ+3を用意。

赤魔道士
各種強化とエンストーンでの削りを担当。要: 魔法剣装備。

忍者
陰忍をして土遁の術3種を連打。
土遁の術効果、忍術の魔法命中率、忍術の魔法攻撃力に5振り。
装備は五虎退&国光(未強化でok)、極望月半首、極服部手甲、極望月脚絆を用意。
魔命はその他部位(エンピ+3でok)とアクセサリで調整、マスターレベルが高いと余裕が出来る。

召喚士
ディアボロスでナイトテラーを連打と、ドリームシュラウドで強化を担当。

青魔道士
エントゥーム、エンバームアース、マジックハンマーを連打。
ブルーチェーンの回復ごとにH.バラージ→吸着で重力連携を作成し、ブルーバーストでMB。
魔命はエンピ+3主体で調整すれば十分足りる。
マジックハンマーは魔命が足りないので、MPが減ってきたら消費の少ないエンバームアースを連打で。

流れとしてはTP吸収キッスで特殊技を封じつつ、各種土属性ダメージで地道に削っていく形です。
ナイトは壁を背にし、アタッカーは敵を挟んでその反対側に立てばガ系を食らわなくて済みます。
壁にめり込んだりしてズレると届くようになる場合があるので、その時は立ち位置を再調整で。

2戦目は5%刻みで回復するので、1戦目は79%~75%まで削れば次は80%での開始になります。
75%以下まで削ると雑魚を維持しつつリジェネを上回る量で削らないといけなくなるため、その手前で止めておいた方が楽です。
装備はそこまで突き詰めなくても火力的には割と余裕があり、事故の可能性もほとんどありません。

2戦目

構成は剣黒学吟コ風で、必要な物などはVeng+20の時と同じですね。
大まかな流れは以下のようになります。

グローリーブレイズ・サークルエンリッチを使用、連携3回で75%まで削り。

1回目のE.スフォルツォが発動。切れる直前に精霊の印バーンを使用。

連環計・ボルスターを使用して削り。ガンビット・レイク後にランダムディール。

ガンビット・レイク再使用後にワイルドカード。その後は温存して40%まで削り。

2回目のE.スフォルツォが発動。切れる直前に精霊の印バーンを使用。
雑魚は吟遊詩人が2匹共引き連れて、階段下でマラソン。

連環計・ボルスターを使用して削り。黒魔道士はサテルソーサリーのインパクトから開始。

ガンビットは土での削り開始から、レイクはサテルソーサリーが切れた後に使用。

ランダムディール後ガンビット・レイクを再使用。バーンも切れたら精霊の印で入れ直し。

最後まで削り切る。

ワイルドカードで5以上を引くことが前提になります。
スフィアは魔攻ダウンは1・2回目共にアウト、魔命ダウンは1回目ならワーロックスロールで対処可能、2回目はアウト、防御ダウンは事故率が上がるが対処は可能、その他ならラッキーという感じです。

吟遊詩人は敵対心+を意識したカット装備を用意しておくのが重要です。
黒魔道士のマスターレベルは火力に直結するので、なるべく上げておくと楽になります。
雑魚が2匹沸いた後のリジェネが強力なので、ここを一気に削り切るのがポイントですね。

今回は持ちジョブの関係で剣コ・学吟が複垢でしたが、学吟の操作はかなり大変ですね(‘~’)
複垢を入れるならコや風がベターだと思います。

1戦 or 2戦

1戦で倒す場合、ワイルドカードを2回使用出来ることが前提になります。
確率は、ワイルドカードで5以上(44.4%)×ワイルドカード効果アップが発動(20%)=約9%ですね。

2戦の場合はワイルドカードで5以上を引ければ(44.4%)良いので、用意が出来るなら時間はかかるものの確率はだいぶ上がります。
ただしどちらにせよここにスフィア運がからんでくるので、かなりの運ゲーになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました