サベッジ戦士で見る手数と火力の関係

手数と火力の関係

ヘイストサンバの有無でネイグリング一刀流戦士の手数の差は以下のようになります。

ヘイストサンバ無し:100-25%(装備ヘイスト)-43.75%(魔法ヘイスト)=31.25%
ヘイストサンバ有り:100-25%(装備ヘイスト)-43.75%(魔法ヘイスト)-10%(ヘイストサンバ)=21.25%

ネイグリングは隔240なので

240×0.3125=75
240×0.2125=51
75÷51=1.470588…

ヘイストサンバ有りと無しでは手数の差が約1.47倍になります。
しかし実際の火力は1.47倍になる訳ではなく、戦士装備@2021.04.02Verの結果を見てみると

ヘイストサンバ無し:DPS 9863.935
ヘイストサンバ有り:DPS 12455.204
12455÷9863=1.262800…

約1.26倍になっています。
手数の差に比べて火力の差が少ないのはWSで硬直が発生するためで、上記の条件だと平均3.01ターンなため

ヘイストサンバ無し:75×3+120=345
ヘイストサンバ有り:51×3+120=273
345÷273=1.26

という計算になります。
ですので通常攻撃のみで削るなら手数の差=火力の差になりますが、WSを撃つ場合は硬直が固定で入るため、その差が縮まるという訳ですね。
ちなみにサムライロール無しの場合平均4.93ターンになり

ヘイストサンバ無し:DPS 7590.007
ヘイストサンバ有り:DPS 9994.931
9994÷7590=1.316732…

約1.31倍になります。
サムライロールでターン数を減らすほどWS硬直の割合が増えるので、更に差が縮まるということですね。

これまでのイメージだと片手剣戦士はヘイストサンバが無いと厳しいという印象でしたが、サムライロール有りの今の環境だとそこそこ戦えそうな感じですね。
一刀流に限らず星眼侍など、サムライロールがあると火力の減少を抑えることが出来そうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    理論と実用は違うというか・・・ 実際の戦士の片手剣・棍(サベッジ・ジャッジメント)は他ジョブと比べても安定して高い火力出ますね(コルセアは除く) 竜騎士のサベッジ・フルスイングと比べても実プレイで火力が劣る事はほぼありませんでした。

    カランビット+ブラッドレイジでTPがゴリっと増えたり、ニャメ装備でウルル撃ったり  戦士はまだまだ面白いです

タイトルとURLをコピーしました